アトリエくれあについて

アトリエくれあのコンセプト

アトリエくれあは、絵を描く、物を作るといったアート表現に親しむ中で、現代の私たちの生活に欠けている、手で作る、体を使う、五感を使って感じる、物とじっくりと向き合う、といった体験をしてもらうアート空間です。

特に次の時代を担う子どもたちには、豊かな感性を育むとともに、自らの視点で見る眼と感じる心、自らの手で作り出していける能力を身に付けていって欲しいと願っています。

表現を通して、子どもにとって大切な力を

p01

絵を描く、物を作るといった表現をすることを通して、子供にとって大切な力 「豊かな感性でイメージする力」「自らの考えで創り出し表現していける力」~本物の生きる力~を育んでいきます。

この力は将来どのような分野でも、どのような場面にも応用できる基礎的な力となることでしょう。

また、自分で感じたこと、考えたことが表現できたという達成感は、自分自身に大きな自信をつけることとなり、積極的に物事に向き合えるようにもなることでしょう。

表現を通して、子どもにとって大切な力を

キャプチャ_03

絵や工作の作品作りをしていく際には、物と向き合い、自然と向き合い、自分と向き合わなければなりません。

自然や物を見つめ、材料、道具を扱い、形を作り上げていく過程で様々なことに気付き、美しいもの、心地よいもの、あるいはそうではないものを感じ取る感受性を育てます。

そして物の本質を見ようとする観察力も育てます。

物と係わること表現することは、時には大変なこともあるでしょう。

しかしその過程で集中力や忍耐力を養います。

こういった体験を沢山積み上げていく事によって確かな力が育っていくのです。

p02

子どもは大人もびっくりするほどの感性や潜在能力を持っています。

沢山のことを感じ取り考える環境や、きっかけがあると、表現したいという気持ちが生まれます。

表現したいという気持ちを思いきりぶつけ、その成果が現れると、さらに表現をしたい気持ちが生まれ表現の幅が広がります。

その際には、大人の価値観や評価を押し付けることなく、その時々の状況なあった適切なアドバイスやサポートがとても大切になってきます。

一人ひとり発達の過程や個性も違っています。

周りの大人はすぐに結果を求めることなく、忍耐強見守ってあげて欲しいと思います。

時には大人も一緒になって楽しむことも大切でしょう。

上手下手ではなく作ること表現することが楽しい、ということを大人も一緒になって感じ取り理解してあげることが、子供ののびのびとした表現につながるのではないでしょうか。

アート表現の世界では答えは一つではありません。

表現しようとする人の数だけ存在するのです。

名前の由来

「くれあ」は、「create」から生まれました。創造力を養い、創造力を発揮し、子共も大人もみんなが創作を楽しめる場にしたいと願って命名しました。

t01

t02

t03

これまでの歩み

1990年頃~ 所沢、新百合ヶ丘、四谷にて染色教室、デザイン色彩教室開催(高橋りり子主宰)
2006年4月 子供も大人も楽しめるアート空間として「アトリエくれあ」を設立
2008年11月 第1回作品展―いろいろなお店屋さん―開催
2008年2月 たまひよこっこクラブ3月号 習い事の特集で紹介されました
2009年9月 田園都市生活[秋号](枻えい出版社 刊)港北ニュータウン特集で紹介されました
2010年10月 第2回作品展―森の世界―開催
2011年3月 10歳で差がでる子どもの教育 Kid'sはみな天才!(ギャップジャパン刊)で紹介されました
2011年10月 NHK教育テレビ「プレ基礎英語」の番組内でアトリエの子ども達が絵を描きました
2012年12月

第3回作品展―どうぶつワールド―開催

  2014年10月         第4回作品展―街をつくろう!―開催

  2016年12月           田園都市生活vol54(枻えい出版社刊)「こどもをのばすおけいこ9選」で紹介されました

  

        代表: 高橋りり子(東京藝術大学美術学部卒)

      講師 その他3名      スタッフ紹介はこちら→

  • facebook
  • twitter
  • mixi